読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日浦がオーケン

積年の悩みが解決した、と報告されることが多いのは、信じがたいですが、歯並びを矯正したことで肩こりが収まったという話です。この理由は、歯と頭蓋骨は繋がっているので、歯列の僅かな歪みが首から肩へと伝わり、歯並びの悪い人は慢性的な肩こりに悩まされることがあるのです。肩こりにお悩みの方の中で、恐らく歯並びが理由だろうと心当たりの方は、矯正歯科の看板を掲げたクリニックに行ってみれば、すんなり解決するかもしれませんよ。
歯列矯正はいきなり行えるものではありません。


事前に抜歯が必要というケースがあるのです。

歯の並びがあまりに悪いケースでは、矯正しようにも、スペースがなく無理だという場合がありえるのです。そのような歯並びの場合には、歯を抜かずに矯正を進めようとしても、それによって歯並びの幅も拡大し、口元美人どころか、顎が広くなってしまうこともあるのです。


顔の形がゆがんで気になるという方は、ひょっとしたら、歯列が骨格の形に影響しているのかもしれません。
出っ歯・反っ歯や、受け口・しゃくれなどでお困りの場合、矯正を経て、歯並びのみならず顔の形まで改善されるという利点もあるのです。歯列を治せば、ストレスなく食事をしたり、運動時などに、歯をぐっと食いしばって力を入れるという動作が無理なく行えるようになりますので、ストレスがなくなって自然と笑顔も出ることでしょう。ホワイトニングにも複数の種類があります。必ずしも歯科に通院して受けるものばかりではなく、専用のマウスピースと薬剤を使って、自宅でも行える形式があります。ですが、市販されているキットの中には効果が弱いものもありますから、歯医者さんで行う場合と比べて効果が実感できずに終わる可能性もあるということに注意してください。また、歯列矯正の施術を受けている最中は、同時にホワイトニングの施術を受けることは無理だと思われがちです。しかし、口内の状態によっては、工夫により同時にホワイトニングを進めるのも不可能ではないのです。



少し前まで、歯科矯正といえばワイヤーを用いた方法しかなく、たとえ透明なワイヤーによる方法でも、一目見れば分かってしまうといった悩みを抱える患者さんは非常に多かったのですが、透明なマウスピースを歯全体にかぶせるという方法が開発されたため、誰にも知られず進められる治療法が実現可能になり、注目されています。しかも、マウスピースなら自由に取り外せるので、従来の課題だった衛生面も大幅に改善されており、マウスピース型の矯正を利用する方はますます増えるのではないかと思われます。
http://a409b6aa2gv4iryncqec.hatenablog.com/

ホワイトニングが最近話題ですね。
手間や痛みを伴うことなく、手軽に歯を白くできるというのが何よりの価値です。

とはいえ、人によっては、なかなか白くならないという場合もあります。


思い通りに白さの調整ができないというのも、ホワイトニングのデメリットの一つかもしれません。



美容を考える上で、歯は最も目立つ箇所の一つですから、審美歯科などで専門医にかかり、自分の状況や希望をしっかり伝えましょう。また、歯並びが良くない人は、ホワイトニングと同時に歯科矯正を受けてもいいでしょう。現在一般的になってきたホワイトニング。



その種類には、オフィスホワイトニングといって、歯科で施術を受ける方法と、自宅で少しずつ処置を進めていくホームホワイトニングという形式がありますが、一度の施術で白さを実感したいなら、お勧めはオフィスホワイトニングの方です。



口内の状況によって差はあるとはいえ、一回の施術だけで白さの実感には十分です。

色の他に歯並びも気になるという方の場合、並行して行うのは難しいので、先にホワイトニングから終わらせるという工夫がなされる場合もあります。

特にお子様が気になる、矯正期間中に食べてはいけないものについて。

力を入れて噛まなければならないようなものはやめておいた方がいいです。
煎餅やスルメなどの堅いものは、力を入れて噛む必要がありますから、控えておくべきです。
逆に粘性のある食べ物、例えば餅なども、歯にくっついて、歯が矯正とは別の方向に動かされてしまうため、食べるのを控えるように先生に言われるでしょうね。